新総合店舗 地鎮祭を行う

平成31年4月3日水曜日

寺台にある古くなった本所の移転先として、美郷台のNACS美郷があった場所へ新総合店舗が建設されます。
その第一歩目の行事として、地鎮祭が執り行われました。

工事の無事安全を祈願する(氏神様に土地使用の許しを得る)儀式ですが、担当者がしみじみ見るのは実は初めてです。

その一部始終をレポートします。

進行表が貼ってありますが、今のところ何が行なわれるか一切わかりません。
結婚式の食事のメニューと通じるものを感じます。


まずは手を清めます。これも儀式のひとつなので、皆真顔で粛々とこなしていきます。


何の儀かは忘れましたが、儀式のひとつです。
花吹雪ではありません。


これは鍬入れの儀ですね。組合長が行なっております。


これは何の儀かな?
建築会社の方が行なっています。


そして参加者全員で順番に榊を備えます。

もちろん途中やこの後にも様々な儀式があったのですが、写真的には省略しています。
けれども皆さん儀式の流れを知っているかのように戸惑いがありません。
自分は次に何が行なわれるのか知らないので、カメラのポジションにも困っていました。


終了後に皆さんで集合写真です。
無事に地鎮祭は終了いたしました。

この後、新総合店舗は建築に取り掛かります。
オープンは来年1月の予定です。