令和1年5月25日(土)

第4回 みんなのよい食プロジェクト 芋作り体験教室 サツマイモの苗植え・ジャガイモ掘り


この時期はイベントが多い時期となります。

今週は本年で第4回目となる「みんなのよい食プロジェクト 芋作り体験教室(サツマイモの苗植え・ジャガイモ掘り)」が
当JAの遠山支所にて開催されました。

事前に申込いただいたご家族43組の他、成田市経済部や東海澱粉株式会社、米屋株式会社、JAの関連団体とJAの
職員、総勢300名以上が参加しました。


まずは受付をしていただきます。受付時に芋掘りで使うバケット等を受け取ります。
成田市のマスコットキャラクター「うなりくん」も駆けつけてくれて、みんなの人気者になっていました。


みんな集合しての写真撮影です。
参加された方は自分がどこにいるか分かるかな?
(集合写真をクリックすれば大きな写真が見られます)


当JAの設楽組合長と成田市経済部の方の挨拶です。
成田市は市街化が進んでおりますが、まだ農村地帯も多く、食育や農業の大切さを訴えていました。


先導者の後について圃場まで移動します。
遠山支所より少し離れているので、小さいお子様には大変かも。


苗植えのチームとジャガイモ堀のチームに分かれて待機します。
右はジャガイモの花です。花が咲いているということは、芋掘りには少し早いかな?


芋掘りと苗植え別々に作業手順の説明をしています。
そんなに難しいことはないのですが、初めての方も沢山いるので大切なことです。



ジャガイモ堀の風景です。やはり少々早かったのか、小ぶりのものが多いようです。
良く洗い、皮のままレンジでチンしてバターなどで食べるとおいしそうです。
青い部分は食べないように気をつけて下さい。



変わって、サツマイモの苗植えの風景です。
今回も芋掘りと苗植えの両方を体験してもらうリッチな企画になっています。
無事に大きく育つといいですね。



作業が終了したら、遠山支所に戻り手を洗って、次のイベントに入ります。
次のイベントは「ビンゴゲーム」を行いました。
配られた用紙の中に、自分で好きな野菜(種類は決まっています)をマスに書き込んで行きます。
そして、専務の西山がカードを引いていき、タテ・ヨコ・ナナメにそろったら手を上げてください。
上位入賞者には新鮮野菜やおもちゃが当たりました。
おめでとうございます。


そして、別働班として朝からかかりきりだったのが、昼食部隊です。
ご飯を盛り付け、カレーを作っていました。大鍋の食事は美味しいですね。ある意味メインイベントです。


お昼ごはんを取りに来てもらうときは、戦争のようでした。もちろん急がなくても全員分ありますし、おかわり自由でした。
ちなみにカレーの種類はバー○○トカレーの甘口でした。小さなお子様でも辛くないので食べられます。


最後に専務の西山からの挨拶で終了となります。
お疲れ様でした。

次回のサツマイモの芋掘りは10月26日(土)に開催予定です。

サツマイモの品種は「クイックスイート」という品種で、ベニアズマに九州30号を掛け合わせた品種です。
外観はベニアズマに似ていますが、ねっとりとした食感とふくよかな甘味が特徴です。
通常のサツマイモより20℃低い温度で澱粉が糊化し始めるので、電子レンジで温めるだけで手軽に焼き芋が
楽しめます。
生芋としては高い糖度が仇となり痛みやすい為あまり流通しておらず、お菓子や食品などの加工品用として
出回ることが多いようです。
当JAのオリジナル商品として干し芋の「甘芋ん」焼酎の「甘芋ん」がありますので、興味のある方は一度ご賞味下さい。
(JA成田市の直売所、または特約店で扱っております)