『愛され、親しまれ、信頼されるJA』を目指して
JA成田市


JA成田市広報紙「みのり」掲載(毎月1回発行)
花と遊ぶ『遠山野草園の四季』著者・安達廣子(小菅)

オオハナワラビ(ハナヤスリ科) 第139章 2012年新年号

シュンランの小径入り口に、オオハナワラビが目立ちます。これは数年前、吉倉の友達からいただきました。昔、義父は見返り坂に群生しているフユノハナワラビを鉢に移し、来客と野草談義を楽しんでいました。
 和名大花蕨は、フユノハナワラビに似ていて草姿が大型で、ハナは胞子葉を花に見立てたのが由来です。数の子状の細かな胞子が密集していて、それが成熟し胞子を飛ばして殖えるのです。光合成を行う栄養葉と、丈の高い胞子を付ける胞子葉が地表近くで2分します。冬緑性の多年草で、シダ植物の仲間です。草丈は40センチ程で茎に毛があり、葉のへりの鋸歯は尖って、葉全体が縦長の5角形のように見えます。冬枯れの野に凜と立つ姿はとても素敵です。
 小菅のご夫妻に、オオハナワラビとフユノハナワラビを鉢に入れて差し上げました。おじさんは「この花は、他の花と違い風情があるよ」と言いました。おばさんは「玄関に1鉢置いてあるだけで趣があるよ」と嬉しそうに話していました。ご夫妻そろって喜んでもらってこちらも嬉しくなりました。交流を大切にしたいと思える出来事でした。

   冬枯れに大花蕨目立ちけり


フッキソウ(ツゲ科) 第140章 2012年2月号

 野草園の木道沿いの落葉の中に、フッキソウが蕾をつけています。ひっそりと目立ちませんが、何となく早春を感じさせてくれます。良く見ると、斑入りのフッキソウも混じって彩りを添えています。
 和名富貴草は、1年を通して緑が変わらないことと、旺盛な繁殖力を愛でたことが由来です。福寿草や吉祥草などおめでたい名前の植物がありますが、富貴草もその1つです。茎の下部は地を這い、上部は立ち上がって30センチほどになります。草に見えますが常緑の小低木です。葉は鋸歯で、互生であるのに集まって輪生に見えます。光沢のある緑色が特徴で、日陰でも育つので、庭の下草に重宝がられています。成田市役所玄関前の左側花壇には、フッキソウがびっしり生えています。常緑で群生するため変わらぬ繁栄を願って植えられたのでしょう。
 成人の日に、佐倉の「くらしの植物苑」でフッキソウに出会いました。友人は「株が大きくなると、淡い緑色の若葉と濃い緑色の古葉が混じってきれいだよ」と呟いていました。秋には、稀に真珠のような実がつくので、ぜひ見たいものです。

   初春や木道沿いに富貴草


ナンテン(メギ科) 第141章 2012年3月号

 我が家では、門道から裏山の至る所にナンテンがあります。鳥が実をついばんで遠くまで運んだのでしょう。お正月に赤い実を玄関に飾るため、鳥に食べられないようにビニール袋をかぶせます。
 和名南天は、漢名の「南天燭」を略して、「南天」をそのまま音読みにしたものが由来です。高さ1〜2メートル、葉は互生しています。先端の葉の間から、花序を上に伸ばし、初夏に白い花、冬に赤い実をつけます。白色もあり、多くの品種があります。ナンテンは「難を転ずる」の語呂合わせで、昔から災難よけの縁起物です。木は南天箸、葉は防腐作用があるので、おせち料理や赤飯、魚料理などに添えられています。私は、椎茸をお土産に持参する時は、いつもナンテンの葉を上にのせ新鮮さと風情を楽しんでいます。
 1月下旬、佐倉の「くらしの植物苑観察会」に参加しました。ナンテンの赤い実が穂のように垂れ下がり、祝いと厄除けの植物であることがよく分かりました。冬になるとヒヨドリなどに好物の実を食べてもらい、遠くに運んでもらって子孫を残すナンテンの戦略です。いつもながら自然界の摂理に感心します。

   庭先にたわわにみのる実南天

ユキワリソウ(キンポウゲ科) 第142章 2012年4月号

 今年は例年になく寒さが厳しく、見返り坂の傾斜地に最近になって紫やピンクのユキワリソウが咲き出しました。湿地では、ミズバショウやザゼンソウ、リュウキンカも咲き、遠山の里にもようやく春がやって来ました。
 和名雪割草は、残雪を割っていち早く花を咲かせるのが由来です。ミスミソウやスハマソウの総称で呼ばれます。花は1センチ程で、葉は根生し、草丈15センチくらいの多年草です。葉に先立って花を咲かせ、緑色の部分が雌しべ、それを囲んでいるのが雄しべ、周りは花弁ではなく萼です。艶のある葉は3つに分かれ、トランプの「クラブ」に似ています。花形、花色とも豊富で、交配と増殖が盛んに行われ次々新しい品種を生み出しています。
 昨年の5月8日、富里エノコログサの会が見学に来ました。その中のご夫妻から発泡スチロール箱で育てたユキワリソウをたくさんいただきました。広い野草園で育てた方が良いとのことでした。枯れ葉や傷んだ部分は、病害虫の原因になるので、新しい葉が芽生えてきたら古い葉を摘み取ったりしていました。季節は巡り3月、薄紫のこんなにかわいい花が咲きました。花とご夫妻に乾杯です。

   遅咲きに季節は巡り雪割草

ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科) 第143章  2012年5月号

 作業場横の原っぱに、ピンクの可愛い花とキャベツのような大きな葉が存在感を漂わせています。花の少ない時期から咲き始め、5月になっても人目を引きます。
 和名ヒマラヤ雪の下は、ヒマラヤ地方を原産とし、寒さに強く冬でも常緑の葉を雪の下からのぞかせることが由来です。明治時代に渡来し、ベルゲニアやオオイワウチワとも呼ばれ、雪解けと同時に咲き始め、夏の暑さにも結構強いです。花茎を伸ばして花を咲かせ、始めは淡く段々ピンク色が濃くなります。葉は大きく丸く光沢があり肉厚で、冬には赤紫色になる常緑の多年草です。丈夫で育てやすく、葉と花の対比が良く草姿がしっかりしているため、庭の下草に使われます。
 小菅のご夫妻の家には、モチノキの下でヒマラヤユキノシタが見事に咲きます。掃きだめ落ち葉を植物の根元に敷きつめ、適度な湿り気を与え丹精しています。落ち葉を天然の万能肥料として、太い根茎を株分けしながら殖やしています。これからも、お2人でいろいろな種類の草木を育てながら、落ち葉で行う土作りを楽しんで欲しい物です。

  
風そよぐヒマラヤ雪の下初夏近し

ジロボウエンゴサク(ケシ科) 第144章 2012年6月号

 「遠山野草園」の看板下に、ジロボウエンゴサクが咲いています。花茎の先に数個の花をつけ、花は後ろへ大きくせり出しています。草姿全体が軟らかい薄紫色の細長い花は、人目には付きにくいですが、可愛い花です。
 和名次郎坊延胡索は、伊勢地方ではスミレを太郎坊、この草を次郎坊と呼び、延胡索とは、この種類の漢名に由来します。漢方では、エンゴサクを鎮痛剤として用います。花の大きさは2センチくらい、草丈は15センチほどです。花や実の形がムラサキケマンに似ていますが、草丈、葉の切れ込み、花の数など微妙に違います。半日陰の湿り気のある所を好む多年草です。熟すと黒い種をはじき、種は蟻が好む甘い部分が付いていて、いろいろな場所に運ばれて発芽します。
 4月、成田野の花会が見学に訪れました。野草園に入るとすぐ「これジロボウエンゴサクじゃない」と会員の1人が言うと、講師の先生もうなずいていました。私も確認できて嬉しかったです。何やら意味ありげな名前なので、発足図鑑で調べました。野草園を訪れるみなさんとの何気ない会話から、いろいろな知識が増えていくのは楽しいものです。

   みどり風花びら揺する延胡索

コメツブツメクサ(マメ科) 第145章 2012年7月号

 日当たりの良い庭に出ると、コメツブツメクサが一面にびっしりと黄色い小さな花を咲かせています。学校の校庭や公園で、芝生の中に雑草としてよく見かけます。
 和名米粒詰草は、シロツメクサに似ていますが、全体に小さく黄色い花穂を米粒に見立てたことに由来します。命名の由来を知ると、雑草と言われるただの草が、いっぺんに重みを増してくるから不思議です。別名キバナツメクサやコゴメツメクサとも言います。ヨーロッパから西アジア原産の帰化植物で、茎はよく枝分かれし、地面をはって広がります。3ミリ程の小さな花が20個ほど集まって、短い柄があり、花の後は茶色くなって下を向きます。先日、八街の友だちが、花好きの仲間3人と見学に訪れました。コメツブツメクサを通して、楽しくとても有意義な時間を過ごすことができました。
 数日して1通のメールが届きました。「おはようございます。我が家の真ん前の空き地にコメツブツメクサがいっぱい咲いていました!黄色い小さな花の愛らしいこと。もう雑草などといいません。」新鮮な気持ちで何度も読み返しました。

   夏風に米粒詰草からみあう

ムラサキツメクサ(マメ科) 第146章 2012年8月号

 春、安達ヶ原にシロツメクサと混在していたムラサキツメクサは、夏になると勢力を伸ばし、秋口まで咲いています。花はシロツメクサより大きく、色も淡紅色から濃紅色まで様々です。
 和名紫詰草は、ヨーロッパから日本に輸入された商品の破損を防ぐためこの草が詰められたのが由来です。花が赤いのでアカツメクサとも言います。輸入された牧草が野生化し、ときには耕地の害草となることもあります。茎は下部から盛んに分岐し、斜めまたは直立し株になります。シロツメクサのように地表を這うことはなく、茎や葉に毛が密生しています。葉は3つに分かれ細長く、葉の中に淡い白色斑があり、花のすぐ下に数枚の葉があります。地下茎や種子で繁殖し、夏の暑さにも負けない草丈30センチほどの帰化植物です。
 昨年の7月、妹と「花の浮島」といわれる
利尻・礼文島へ旅立ちました。高原では何十種類もの花が咲き乱れ、さらに標高の高い場所で、ムラサキツメクサの群生に出会いました。霧雨の中、花の赤色が生き生きして一段と冴えていたのが印象的でした。とても雑草とは思えないほど美しい眺めでした。

   立秋に負けじと集い赤詰草

カライトソウ(バラ科) 第147章 2012年9月号

 夏の暑さに耐え、玄関前でカライトソウが咲いています。ワレモコウに似た葉ですが、花穂は紅紫色の柔らかいモールのようで、エノコログサのような風情もあります。

 和名唐糸草は、花穂が美しく、中国「唐」から渡来した絹糸に見立てたことが由来です。しかし、中国原産ではなく、日本特産種です。北陸地方の高山に自生するワレモコウの仲間です。ワレモコウは茶色の地味な花、本種は紅紫色で先から順に開花し、重くなり垂れ下がります。花穂は7センチほどで、花には花弁がなく、雄しべ中心の小さな花が穂状に集まっています。花だけでなく葉も春の芽出しの頃から長期間に渡って楽しめ、黄ばみ始めた秋に掘り上げて根茎を割って殖やします。地下に太い根茎があり、茎は直立し草丈1メートルほどで庭でも育つ丈夫な多年草です。
 「わぁ可愛い。これカライトソウでしょう。」図鑑では知っていたのですが、自然状態のものは堀之内の友達の庭で初めて見ました。初めは半日陰で育てましたが、葉が白っぽくなり、茎も倒れやすかったので、日なたに移植しました。あれから4年、少しずつ殖えています。友達に改めて感謝しています。

   立秋に砂礫に強し唐糸草


ヤブミョウガ(ツユクサ科) 第148章 2012年10月号

 東屋の下の池の周りには、ヤブミョウガが群生しています。杉などが光をさえぎり陰になっていて、白い花を輪状に何段も咲かせています。葉も緑で白い花との映りもよく、疲れ気味の目や体を癒してくれます。
 和名藪茗荷は、葉の形がミョウガに似て藪に生えるのが由来です。ヤブミョウガはツユクサ科で、ミョウガはショウガ科です。ヤブミョウガの葉は茎の中間部にまとまって、ミョウガの葉は2列互生で、花の形は全く異なります。9月になると早く咲いた花の後は青黒く熟し、後から次々咲く白い花と入り交り素敵です。草丈1メートル程で、地下茎の各所から新芽を出し殖えます。3年ほど前、成田市文化祭の池坊華道展で、白と藍色の程よい調和のヤブミョウガの生花を見ました。以来、秋になると丸く小さな米粒のような花が、我が家の玄関を飾ります。
 8月の川村庭園美術館を彩る花はヤブミョウガです。自生地は一番奥の林の中で、辺り一面白い花の群生です。今年も、「わあすごい。わあすごい」と友人と一緒に花を眺めながら、散策路を歩きました。

  仲秋に花色変える藪茗荷

キクイモ(キク科) 第149章 2012年11月号

 ヒマワリを小さくしたような黄色いキクイモが、秋の野草園を彩ります。庭のテーブルや東屋の周り、コゴミの中にも群生しています。草丈2mにもなり、道端や荒れ地で野生化している大型の多年草です。
 和名菊芋は、キクに似た花が咲き地中にイモができることが由来です。別名アメリカイモ、ブタイモとも呼ばれます。北アメリカ原産の帰化植物で、戦後の食糧難の頃に各地で植えられました。根茎の先にショウガに似たイモができます。これが食料になるため栽培され、食糧難が去ると急速に忘れられたようです。通常のイモ類と異なりデンプンはほとんど含まれていません。地中にイモのできないイヌキクイモもあります。最近では、血糖値やコレステロールを下げる健康食品として広がっています。今年の3月、松崎のレストランでキクイモの味噌漬けや素揚げ料理をいただきました。初めて食べましたが、おいしかったです。
 花が終わると地下茎が膨らみイモが大きくなります。収穫時期は冬季で、上部が枯れた頃がタイミングです。たくさん収穫してキクイモの効能を味わいたいと思います。

  
秋深し菊芋の花乱れ咲く

キツネのマゴ(キツネノマゴ科) 第150章 2012年12月号

 雑草扱いなので刈り取ってしまいますが、放っておいたら安達ヶ原はキツネノマゴの群生地になるでしょう。花は小さく目立ちませんが、ともすると見逃してしまうような花です。淡紅紫色のキツネノマゴを見つけると、可愛い花なのになあと少し残念に思います。
 和名狐の孫は、花が終わって長く伸びた花の穂は狐の尾に似て、花が小さく孫のようであることが由来のようです。茎は四角で、下部は地をはい、途中から立ち上がってさらに枝分れします。草丈30センチほどで、葉は対生、卵形で表面に細かい毛が生えています。小さな花は一斉に咲かず下から順に咲く一年草です。近寄ってみると、唇形の花びらに白と紅色の可愛らしい模様があります。実は熟すと種をはじき飛ばし、翌年また芽を出すということを繰り返し殖えるのです。
 「キツネノマゴ」とは、なんと可愛らしい名前でしょう。植物の名前には、ネコ、イヌ、ウサギ、ブタ、カラスといった動物の名前の付いたものがたくさんあります。親しみを覚える名前の数々に、昔の人は実にうまく命名し、その植物の良さを引き出しているなあと感心させられます。

   小春日に狐の孫の愛らしさ


本年度の遠山野草園の四季に戻る
過去の花と遊ぶ『遠山野草園の四季』はこちらから
平成29年度みのり掲載分
平成28年度みのり掲載分
平成27年度みのり掲載分
平成26年度みのり掲載分
平成25年度みのり掲載分
平成24年度みのり掲載分
平成23年度みのり掲載分
平成22年度みのり掲載分

  成田市農業協同組合〒286-0022 千葉県成田市寺台292番地 TEL0476(22)6711・総務課 FAX0476(22)6718
個人情報/Copyright(C) JA NARITASHI All Reserved
トップページへ戻る