『愛され、親しまれ、信頼されるJA』を目指して
JA成田市


JA成田市広報紙「みのり」掲載(毎月1回発行)
花と遊ぶ『遠山野草園の四季』著者・安達廣子(小菅)



アマナツ(ミカン科) 223章 2019年新年号

 甘くてちょっと酸っぱいアマナツが、例年に無く黄色い実をたわわにつけています。20年程前に私がウンシュウミカンを一緒に植えたものです。高さ3㍍位で枝を広げ、遠くからでも大きな黄色い実は目立っています。
 和名甘夏は、夏ミカンより甘夏の方が甘みが強いことが由来です。アマナツはナツミカンの変異品種で親類同士です。別名アマナツミカンとも言われます。収穫も早いのが特徴で、1月頃に出回り始めます。葉は厚く、長さ6㌢程の長卵形で、5月頃には枝先に、いい匂いの白い花を咲かせ、果実と花を一緒に見ることもできます。常緑小高木で、果実は大きく直径㌢位で果肉が厚いです。果汁をたっぷり含み、粒の一つ一つがプチプチした食感で味も良いです。全体にさっぱりした清々しい味が楽しめます。
 家にある柑橘類のミカン、ユズ、アマナツ等は、ビタミンCが豊富で美容と健康に最適です。我が家では皮をむいて生食で、横に切ってスプーンで、輪切りにしてドライフルーツ等にします。一番人気はアマナツの皮で作った砂糖漬けのピールです。柑橘類特有の香りとほろ苦さが楽しめるお菓子です。

 甘夏に元気をもらう年初め

  
マユミ(ニシキギ科) 224章 2019年2月号

 
「なんて鮮やかできれいな実なんだろう」日当たりの良い塚の上にあるマユミの実は、驚くほどはっきりした紅色で、自然のかもし出す何とも言えない雰囲気です。
 和名真弓は、木はよくしなって弾力があり、この材を使って弓を作ったことが由来です。ニシキギ科の落葉低木で紅葉もきれいなので、山錦木(やまにしきぎ)の別名もあります。初夏に咲く緑白色の花はあまり目立たなく、晩秋から冬にかけ、小さな赤い実を付けた紅葉が特徴です。8㍉程の実は、熟すと4つに裂け赤い仮種皮(かしゅひ)に包まれて種子が現れます。赤い実はかなり遅くまで残っていますので、ヒヨドリやメジロが来て実を食べます。種は排出し、その排出によって子孫を広げているのです。新芽は山菜として珍重され、実は有毒なので誤食すると、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が現れます。
 1月中旬、可愛いマユミの実はまだ風に揺られていました。何時植えたのかはっきりしませんが、高さ4mほどあります。太い老木なので、縦に筋が入って少し裂けていました。自然樹形があまりにも美しいので、「いつまで実をつけているかなあ」と思いながら、新しい発見はないか観察を続けました。

 
葉が落ちて真弓の実だけぶら下がり

アオキ(ミズキ科) 225章 2019年3月号

 
野草園を歩くと、葉の緑と実の赤のコントラストが目に留まりました。真紅の果実は、薄日に照らされてとてもきれいです。実はヒヨドリなどの野鳥に食べられたのか、落ちてしまったのか、若いアオキが育っています。
 和名青木は、常緑で枝もいつも青々としていることが由来です。高さ2㍍程の常緑低木で、枝は緑色ですが、古くなると木質化して灰褐色になります。果実は2㌢程で艶のある真紅の実は熟し光っています。花は5月頃に咲き、雄株雌株があり、花弁は共に4枚でえび茶色ですが、実がなるのは、雌の木で雄の木にはなりません。葉は厚く長楕円形で縁にまばらに鋸歯があり、表面は光沢があります。薬用部位は葉っぱで、火で炙ったものを患部に貼ったりします。薬効はやけど、切り傷などの保護や抗菌作用があります。
 大清水の友人宅では、家の北側の防風林や、外便所の目隠しの植木として、アオキは役立っていました。葉に模様のある斑入り(ふいり)の園芸品種もあります。斑の入り方の変化が面白いです。変わった斑入りの葉があると、花瓶に挿したり、「牧野富太郎の植物図鑑」に挟んで押し葉にしたりして楽しんでいます。

 
雪降りてなお艶やかな青木の実

ノキシノブ(ウラボシ科) 226章 2019年4月号

 梅の古木に「遠山野草園」の看板がかかっていて、上の方は梅の花が咲き、下の方はノキシノブが付着しています。周りには白いウメノキゴケです。これは、空気の良い場所でないと生きていけない環境指標生物です。
 和名軒忍は、家の軒先などにも生育し、土が無くても耐え忍ぶということが由来です。樹上や岩上、他の草の生えそうもない場所に根を張り、少ない水分でも生きています。乾燥が長引けば葉は丸まって、雨が降れば元に戻る常緑の多年草です。葉は根茎上に並び、長さ10~20㌢程で少し垂れ下がるように着生していますが、花は付けず実も付けません。別名ヤツメランと言われ、葉の裏側の胞子のうが眼のように多数並び、その中の胞子で繁殖します。薬用部分は地上部の全草で、効能はむくみ時の利尿、おできの腫れ物等です。
 2月24日、成田山公園へ自然観察に出かけました。『梅まつり』の最中でした。裏山では、シダ植物のノキシノブをたくさん見つけました。乾燥に強く、降水時にたっぷり水を吸い湿っている期間だけ光合成で、後はじっと耐えています。生きた樹木のみに着生するヨウラクランも見つけられました。

 
梅まつり目に付くシダは軒しのぶ

ヤマザクラ(バラ科) 227章 2019年5月号

 
「わぁ、大きいサクラだね。枝を切らなければ吉高のヤマザクラより立派で素敵だ!」
 「作業場の方まで伸びたから、切ったのよ」と、塚の裾野のサクラを見ながら、大山の友達3人と笑いながら話しました。
 和名山桜は、「山に咲く桜」であるためヤマザクラと命名されました。バラ科の落葉高木で、日本の国花となっています。日本のサクラの原種の一つであるヤマザクラは、多くの和歌に詠まれ、古くはサクラと言えば、ヤマザクラのことを指していました。樹皮は紫褐色で横に長い皮目が目立ちます。葉は長楕円形で長さ10㌢位、花は数個ずつ房状につき、赤褐色の新葉が開くと同時に咲きます。花弁は白に近いピンクの5弁で、雌しべは1本、雄しべは多数で、後に紫黒色の果実をつけます。花は桜茶、若葉は桜餅に利用します。
 4月9日小雨の中、平成の花咲か爺さんが、家のサクラを見に来てくれました。「これは大木のヤマザクラだ。樹齢150年位で、自然に生えているので、植えたものはかなわないよ」と言いながら、『小菅の山桜』と命名して下さいました。元号も変わり、令和のヤマザクラとして長く咲き誇って欲しいです。


 塚の上令和元年山桜

ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科) 228章 2019年6月号

 
ツルニチニチソウが、庭の隅に群生しています。葉や茎は繁殖力が旺盛ですが、花は少なく、春から夏まで、少しずつ咲き続けます。
 和名蔓日日草は、直立する茎のどれかに、毎日毎日〔日々〕花が見られるのが、「日々」の命名の由来です。4㌢程の淡紫色の花は、必ずしも一日花ではありません。花びらは5弁花に見えますが、基部はくっついた合弁花で、肉厚の葉は茎に対生で並んでいます。別名ツルギキョウとも言われます。ヨーロッパ原産の常緑つる性植物です。つるは地面を這って伸び、花が咲く茎は、長い横這いの茎から立ち上がった短い茎で、直立した短茎の上部に花をつけます。小型のヒメニチニチソウや、葉に斑入りの園芸品種もあります。多年草なので、一度根づけば毎年花が楽しめます。
 先日、台方の「みのり」の読者に、『花と遊ぶ』の作者の方に、「この花の名前を聞いて欲しい」とJAの担当者は頼まれたそうです。早速、スマホに写して持って来てくれました。「家にも咲いているツルニチニチソウだよ。6月号に登場させます」と伝えました。私はその日から、今まで目に入らなかった薄紫の可憐な花を観察しながら楽しんでいます。


 初夏に咲く蔓日日草さわやかに

ギョウジャニンニク(ユリ科) 229章 2019年7月号

 「ああ、良かった。今年も咲いてくれたね」初夏になると、ギョウジャニンニク真っ白い花に出会えます。繁殖力が弱く、年々、少なくなっています。
 和名行者大蒜は、昔、山で修行する行者がこれを食べて厳しい行に打ち勝つ力を得ることが命名の由来です。中心から花茎を伸ばし、白い花を球状に咲かせます。この植物は強いニンニク臭があります。緑色の幅広い葉が、根元から茎を包むように、2、3枚伸び、地中にはラッキョウに似た鱗茎をつけます。北海道には特に多く自生し、アイヌの人々が常食し、蕾や葉を乾かして保存食にもしていたということから、『アイヌネギ』とも呼ばれています。ユリ科のネギ属で、ニンニク、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ノビル等と同じ仲間で、鱗茎は食用になります。
 ギョウジャニンニクは、名前からして体に良い山菜で、効能は、滋養強壮、発汗、疲労回復等です。芽生えの頃は、イヌサフランやスズラン等の有毒植物と似ていて間違えられやすいです。ギョウジャニンニクには、草全体に強いニンニク臭があるので、葉を傷つけ匂いを嗅ぐと区別できます。


 
新緑に行者大蒜白く映え


過去の花と遊ぶ『遠山野草園の四季』はこちらから
平成30年度みのり掲載分
平成29年度みのり掲載分
平成28年度みのり掲載分
平成27年度みのり掲載分
平成26年度みのり掲載分
平成25年度みのり掲載分
平成24年度みのり掲載分
平成23年度みのり掲載分
平成22年度みのり掲載分


  成田市農業協同組合〒286-0022 千葉県成田市寺台292番地 TEL0476(22)6711・総務課 FAX0476(22)6718
個人情報/Copyright(C) JA NARITASHI All Reserved
トップページへ戻る