『愛され、親しまれ、信頼されるJA』を目指して
JA成田市


JA成田市広報紙「みのり」掲載(毎月1回発行)
花と遊ぶ『遠山野草園の四季』著者・安達廣子(小菅)



フクレミカン(ミカン科) 235章 2020年 新年号

 我が家には、温州みかんと小みかんはありますが、福来みかんはありませんでした。欲しかったので、江戸崎の弟に頼んで、筑波山特産の福来みかんの苗木を手に入れ、庭の隅に2本植えました。
 和名福来蜜柑(ふくれみかん)は、外皮と実が離れてふくれているところが命名の由来です。実と皮の間に隙間が多くふくれているのです。福来みかんとは、縁起の良いネーミングです。古くから、筑波山周辺では自生していて、皮は鮮やかな黄色で、酸味、甘味、香味も良く、この土地ならではの植物です。直径3~4㌢の在来の柑橘類で、果皮は古くから陳皮として七味唐辛子などに活用されてきました。果皮に含まれる成分が、肥満抑制とストレス抵抗性に効果があるようです。最近は、サイダー、菓子、ラーメン等の原材料にもなっています。
 南羽鳥の友達は、子供の頃、学校から帰ると、おやつに福来みかんを食べ、「とっても美味しかったよ」と懐かしそうに話していました。去年、成田山散策の時、光明堂の前の庭に、大きな福来みかんの木を見つけました。きっと、「福がきますように」と、植えたのでしょうか。何だか嬉しかったです。

 福来みかん黄に輝くや風物詩


ハルノノゲシ(キク科) 236章 2020年 2月号

 野草園を散策すると、あっちにもこっちにも、黄色いタンポポに似たハルノノゲシを見つけ、何度もシャッターを押しカメラに収めました。黄色の頭花は直径約2㌢で、最近、畑や道端でも良く見かける越年草です。生命力の強い植物で、どこにでも生えています。
 和名野芥子(のげし)は、葉がケシの葉に似ていることが命名の由来です。別名ハルノノゲシやケシアザミとも言われます。春に咲くのがハルノノゲシで、秋に咲くのはアキノノゲシで、開花時期が異なります。霜にあたらなければ、四季を通じてどこかで咲いています。高さは1㍍程で、茎は太くて柔らかく中空です。切ると、白い汁が出るので、なめると苦い味がします。葉は20㌢程で不規則に切れ込み柔らかく、茎を抱くようについています。刺(とげ)があるけど、葉が柔らかいので痛くはありません。
 大寒の日、大清水の友達と畑でばったり会いました。久しぶりに野草談義をして、ハルノノゲシの話になりました。友達は、すぐ近くの防風林の方に走って行き、花の付いたノゲシを採って来てくれました。防風林が霜から守っていたのです。私は、寒中に黄色いノゲシを見たので、びっくりしてしまいました。

 寒風に健気に咲くは野
芥子かな











過去の花と遊ぶ『遠山野草園の四季』はこちらから
平成31年/令和1年度みのり掲載分
平成30年度みのり掲載分
平成29年度みのり掲載分
平成28年度みのり掲載分
平成27年度みのり掲載分
平成26年度みのり掲載分
平成25年度みのり掲載分
平成24年度みのり掲載分
平成23年度みのり掲載分
平成22年度みのり掲載分


  成田市農業協同組合〒286-0022 千葉県成田市寺台292番地 TEL0476(22)6711・総務課 FAX0476(22)6718
個人情報/Copyright(C) JA NARITASHI All Reserved
トップページへ戻る